M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 31日

大門から竹芝桟橋へ(5)

旅情
e0129750_20561429.jpg
e0129750_20562542.jpg
e0129750_20563711.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2009-05-31 20:57 | 東京 | Comments(18)
Commented by at 2009-05-31 22:17 x
こんばんは。
2枚目、いいですね~、家族愛ですね。! 

Commented by chousan-drybox at 2009-05-31 22:21
♭さん、こんばんは。
島から帰って来たのか旅行なのか分かりませんが、「家族」を感じさせる
情景でした。
Commented by scottts at 2009-06-01 02:37
家族でこれからどこへ行くのでしょうか、
いい思い出になるのでしょうね。
Commented by kurakame at 2009-06-01 07:49
chousanの腕にかかると、竹芝もオシャレな外国に見えてきます(!)。
Commented by ramble-leica at 2009-06-01 07:57
おはようございます。写真は、やはり光と影ですね。
Commented by chousan-drybox at 2009-06-01 08:49
scotttsさん、最近家族や親戚内の殺傷事件のニュースが多いですが、
こういう情景を見ると何か暖かいものを感じます。
Commented by chousan-drybox at 2009-06-01 08:53
kurakameさん、竹芝のイメージはただ桟橋があるのかなと思っていま
したが、モニュメントやプロムナードなど、洒落たものになっていました。
ゆりかもめの駅がすぐ近くに出来た時、かなり変ったようですね。
Commented by chousan-drybox at 2009-06-01 09:00
ramble-leicaさん、仰るとおりだと思います。
3枚目の外国人の表情がもう少し明るかったらなと思いますが、難しい。
Commented by Duo-700 at 2009-06-01 10:22
こんにちは、後姿ショットは、何か物語を感じますね
僕も後ろからが多いです、「一枚撮らして下さい」と言う勇気が出せなくて。
Commented by cattleman at 2009-06-01 17:35
「3枚目の外国人の表情がもう少し明るかったらなと」たしかにそう思うかもですが、「東京って言うところはこんなに空気が汚いの」っていった感じに故国を思い起こして遠い目をしているように感じました。
Commented by tullyz2 at 2009-06-01 19:49
1枚目、かっこいいですね。夕方の光が素敵です。
2枚目もいいなぁ。幸せな家族という感じがよく出てますね。
ズミクロンはさすがです。
Commented by roxanne6 at 2009-06-01 21:08
西日の中にたたずむ人影、とてもいいですね。
Commented by chousan-drybox at 2009-06-01 21:17
Duo-700さん、3枚とも後姿を並べてしまいましたが、その方が旅情が
感じられるかなと思いました。
お願いするのは勇気が要りますね。
Commented by chousan-drybox at 2009-06-01 21:19
牛飼いさん、表情が見えないですが、原版で見ると気だるく遠くを見るよう
でした。
Commented by chousan-drybox at 2009-06-01 21:26
tullyz2さん、腐ってはいませんがズミクロンですね。
旅は心身ともにリフレッシュされますが、思い出も彼の地に残りますか
ら、日常に戻る過程で気だるさやふわっとした状態なのでしょうか。
Commented by chousan-drybox at 2009-06-01 21:31
六助さん、西日に弱々しく反射するタイルと柱の伸びる影に佇む旅人、無
意識に切っていました^^
Commented by yuki at 2009-06-01 22:20 x
長さん/drybox さん、こんばんは。
 1枚目、3枚目 旅情の雰囲気がよく感じられます。
 1枚目 海?岸壁? まで離れているのですか? たたずんでいる前が海だったらなぁ と・・・。
Commented by chousan-drybox at 2009-06-01 22:41
yukiさん、こんばんは。
確かに佇んでいるのが岸壁だったら完璧(ダジャレではありません^^;)
だったでしょうね^^、迎えを待っていたのかもしれません。


<< 大門から竹芝桟橋へ(6)      大門から竹芝桟橋へ(4) >>