2011年 09月 19日

蕎麦屋がなくなった

今年もアマチュア劇団の音楽をお願いされ、月島に稽古を見に来た。
9年前の再演だが、演出が変わったので使える音を確認するためだ。
永井愛の作品「こんにちは母さん」、NHKでも放映されたことがある。
今年も芝居を壊さないよう、音を重ねることが出来る事を願うばかりだ。
稽古前にもんじゃ焼き通りのそば屋「久月」に向かう。あららっ店がない。
近くの店で廃業を知る。古い雰囲気が好きだったが、残念。
e0129750_9202147.jpg

elmarit 28mm/2.8 2nd (2009-09-13の月島)
[PR]

by chousan-drybox | 2011-09-19 09:36 | 東京 | Comments(4)
Commented by 新米ユーザ at 2011-09-19 17:25 x
お店の入れ替わりは結構ありますね。それでもシャッター通りになっていないだけいいのでしょうね。ただ、地元民からすると月島はもんじゃ焼きばかりで、もうすこしバラエティをもってほしかったりします。
Commented by chousan-drybox at 2011-09-19 19:03
新米ユーザさん、もんじゃ以外を探してみるとこの通りには殆ど無いですね。
蕎麦屋って普通何代もやっているところが多いし、ここも良い味出して
いたから、高齢化と後継者なのかなと勝手に想像しました。
まぁ年に何回かしか行かない者の戯言ですが。
Commented by swingphoto at 2011-09-21 18:31
自宅側のお気に入りの蕎麦屋が
7月末で閉店してしまい、がっくりしています。
休日、その蕎麦屋の肴をあてに酒を飲み(いい肴がありました)
最後に天せいろを食べるのが楽しみでした。
かなり残念至極
Commented by chousan-drybox at 2011-09-21 21:37
swingphotoさん、それは残念ですね。
先日も鎌倉に行ったとき人気の蕎麦屋で冷酒と辛みそばをおいしく頂い
てきたので、尚更感じ入ってしまいました。
蕎麦屋は商売が大変なのでしょうかね。


<< 鎌倉 大町あたり      休日の午後 (6) >>