2015年 11月 17日

中村橋でシスレーと日本蕎麦

アド街っくでやっていた中村橋の番組を見て、シスレー展を忘れていたことに気づく。

中村橋駅からすぐの練馬区立美術館、30周年ということで国内の20点とシスレーの住んだ町に滞在した日本人画家の絵などが展示されていた。
シスレーの洪水の絵と関連付けて、セーヌ川の氾濫や東京の河川の問題点などなかなか意欲的なプログラムだった。
ただ展示は絵の保護のためか弱い照明で、シスレーの色合いが暗く感じた。
が、パリでも見たことがない絵に出会えた。
e0129750_17485285.jpg

e0129750_17491497.jpg

e0129750_17493773.jpg

テレビの影響は甚だしく、ふだん静かな街に30分待ちの蕎麦屋が。
待った甲斐があっておいしい蕎麦と冷酒だった。
e0129750_17495330.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2015-11-17 18:05 | 東京 | Comments(0)


<< 高幡不動の紅葉      神楽坂 LA KAGU >>