2016年 08月 05日

京都の夏は 暑い(16)

南禅寺から出ようとしたら、息子が「あれ、これは応仁の乱の西軍大将だよ」と山名宗全の墓の案内柱を指差した。私はまったく知識がなかったが、柏井壽氏の本によると、京都の人の先の戦争とは「応仁の乱」なんだそうで、なんだかそれを実感してしまった。
e0129750_23175265.jpg

市内に戻り
e0129750_23245553.jpg


この写真のみelmar50mm
e0129750_23253759.jpg

上述した柏井壽氏の「京都の定番」に出てくる「はふう」のビーフカツサンドが気になり、30分くらい捜し歩く。
本では1500円だったが、1900円に値上がりしていた(調査済み)。
店のスタッフさんたちはとてもきびきびしていて、見ていて気持ちがよかった。
テイクアウトして東京に帰り家で食したが、期待通りだった。
e0129750_23261951.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2016-08-05 23:35 | 旅行写真 京都 | Comments(2)
Commented by surgeon24hrs at 2016-08-11 20:37 x
おはようございます。

京都の先の戦争とは「応仁の乱」とおいうのは聞いたことがあります。さすが京都。なんか時間が違いますね。
Commented by chousan-drybox at 2016-08-12 21:08
surgeon24hrs さん
第2次大戦の時は京都は回避され、維新の時は御所の周りで大筒が打ち込まれたりしたと思うのですが、京都全体を巻き込んだ戦が「応仁の乱」なんでしょうね。
京都は何気ないお寺の案内に歴史上の名前が出てくるので、気が抜けません。


<< Stax コンデンサーヘッドフォン      京都の夏は 暑い(15) >>