2016年 09月 04日

一年たった Tannoy Reveal 402

昨年の8月の記事でこのスピーカにふれた。
ネットでの評判どおりだが、低音でもやっとするところがあると、なんとも曖昧な感想を述べた。
比較するスピーカも Tannoy Eatonというリスニング用のもので、違う感想になるのは当たり前だが、一年たってみて10cmというウーファーなのに何この低音という感想に変わった。
e0129750_17153393.jpg

このスピーカはスタジオモニター用で、そのため楽器を聞き分けるのに適し、我が家では楽譜を見ながら分析するなどに活躍している。
先月13日の記事でStax コンデンサーヘッドフォンの記事で、このスピーカの雄大で繊細のところが似ていると書いたが、率直な感想である。
しかし普通にリスニングに使っても耳疲れすることなくいい音だ。
[PR]

by chousan-drybox | 2016-09-04 17:33 | 音楽の事 | Comments(0)


<< 大阪 弁天町にて      65-GXR avec Nik... >>