M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 22日

芝増上寺

港区の図書館へ行く途中に増上寺に寄ってみた。
レンズは換算で約32mmのelmarit24mmASPH。ちょっと重いので出番が少ないが、濃厚な色と鮮鋭なレンズとの評価だがまだ私は使いこなせていない。
むしろ少し暗いところでのウェットな感じがあるような気がしている。
後には東京タワー。最近の映画のタイトルや第2タワーのニュースが話題になっている。
e0129750_216921.jpg



パリのエッフェル塔は「鉄の刺繍」そのままだが、比べると東京タワーは無骨な製造物にも感じる。しかし増上寺やプリンスホテルの背景に見ると、やはり東京のシンボルだ。
e0129750_2165756.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-02-22 21:24 | 東京 | Comments(4)
Commented by fields24 at 2008-02-22 22:07
こんばんは、エッフェル塔が素晴らしいのは周囲環境の恩恵もあるのではないでしょうか。
少し離れても付け根から壮大に見渡せますよね。東京タワーはそれこそ魚眼レンズでもなければ・・・
Commented by chousan-drybox at 2008-02-22 22:38
fields24さん、そうですね。アンヴァリッドやシャイヨー宮などまわりはゆったりと開けているし、セーヌ川との位置関係は絶妙です。トロカデロの階段からも沢山の観光客が見てますし、方々の広場から真正面に見えた記憶があります。東京の方はそういう観点は少なさそうですね。やはり基本は電波塔だからでしょうか。
Commented by roxanne6 at 2008-02-23 22:11
elmarit24には逝かないぞ!2枚目の東京タワーの鉄柱が良く写し出されています。
Commented by chousan-drybox at 2008-02-24 00:29
六助さん、大丈夫です。21mmASPHがあれば当分持ちこたえられます。(笑)
21mmは換算で28mm、24mmは32mmですから微妙な差ですよね。もう少し軽いとこのレンズも準広角のメインになるのですが。


<< 成城学園前駅あたり      初春の二ヶ領用水(2) >>