2008年 04月 18日

秋葉原(2)

04年蔵出し。神田川を渡る万世橋の向かい側の赤茶けたレンガの高架。ここは昔万世橋駅があったそうだが、アーチ型の構造体が見ていて楽しい。
オリンパスE-10
e0129750_22532326.jpg


06年パリに一人旅した時これと同じような光景を目にした。
鉄道が廃止され残った高架線の上を植物のプロムナード(散歩道)、下を工芸関係の職人のアトリエとして新しく蘇らせた。Viaduc des Artsー高架線下のアトリエ。万世橋のレンガの高架とよく似ている。
e0129750_23275865.jpg

R-D1 elmarit21mm2.8(球面)
[PR]

by chousan-drybox | 2008-04-18 23:33 | 東京 | Comments(6)
Commented by YUKI at 2008-04-19 00:01 x
長さん/DRYBOX さん、こんばんは。
 まったく同じですね。
 ふた?をしてしまう国と、このように有効利用する国と・・・
 どういう事でしょうね。
Commented by chousan-drybox at 2008-04-19 00:12
YUKIさん、今晩は。裏側の写真を撮ってしまいましたが、神田川の方も実は反対側が同じように内部は利用されていたと思います。高架下の駐車場や飲み屋などよく見かける形で。ただパリの方が断然おしゃれで計画的だと思いました。
Commented by marierit at 2008-04-19 07:59
ほんと似てますね。
この橋の横にあるジャンク屋、ラジオガーデンはまだあるのでしょうか?
Commented by yo-scherzo at 2008-04-19 10:41
確かにすごくよく似てますね。
しかし、文化的な意味合いではずいぶん違うような…。
アキバにこんな場所があるのは知らなかったので、機会があったら行ってみたいです。
Commented by chousan-drybox at 2008-04-19 13:15
マリオさん、似てるでしょう。万世橋を渡って御茶ノ水へ抜ける角によく分からないジャンク屋がありましたが今どうしてるかなぁ。
Commented by chousan-drybox at 2008-04-19 13:30
yo-scherzoさん、下のアトリエ(工房)もですが、高架跡の散歩道を歩くと更にその感を強めます。例えば東横線の高架が渋谷駅近くで大きく迂回しますが、あの高架の上に花壇やベンチ、人工の池など、そういうイメージです。
ただ万世橋のほうは、昔見たGIが出てくる映画のような記憶が強くて、どうも戦後跡のように見てしまいます。


<< パリの道      秋葉原 >>