2008年 04月 21日

池袋

先輩の写真学校卒業展に池袋の芸劇に行った。丁度バングラディッシュの人たちのカレーフェスティバルが行われていた。以前原宿に休日になると大勢の外国人が集まっていたが、それ以上の規模の大きさだった。広場はちょっと香辛料の強い香りが漂い、肉の串焼きなどの出店が並び、晴れ着に着飾った人々が民族の言葉で開放感を味わっているようだった。
e0129750_2335076.jpg

久しぶりに会ったのだろう、友人や家族たちのリラックスした表情が印象的だった。
e0129750_23352953.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-04-21 23:51 | 東京 | Comments(6)
Commented by YUKI at 2008-04-21 23:56 x
長さん/DRYBOX さん、こんばんは。
 カレーフェスティバルですか、おいしいカレーが振舞われるのでしょうか?
 やはりインドカレーでしょうか?
 すごい人たちですね。
Commented by chousan-drybox at 2008-04-22 00:04
食事を済ませた後なので食べませんでしたが、沢山の日本の人も食べていました。無料ではなかったと思います。多くの異国の人が暮らし働いているということですね。
Commented by fields24 at 2008-04-22 03:25
私は池袋徒歩圏内出身で少年時代からウロウロしていました。
外国の方々は物珍しかったんですが、今は違いますよね。新宿区、豊島区は外国人が沢山いるだけでなく犯罪も多いそうですから・・・
Commented by yo-scherzo at 2008-04-22 10:58
へぇ、これはグッドタイミングでしたねぇ。
東京のバングラデシュ人がこれだけ集まるというのも珍しいでしょう。
壮観ですね。
Commented by chousan-drybox at 2008-04-22 23:32
fields24さん、それぞれの国の縮図があり、文化歴史の違いも原因だと思いますが、最近犯罪が多いですね。
Commented by chousan-drybox at 2008-04-22 23:33
yo-scherzoさん、日曜日や休日どこかの国の人たちが集まってるかもしれませんね。凄い熱気でした。


<< 池袋(2)      パリの道(2) >>