M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 18日

サン・マルタン運河(6)

いよいよ遊覧船に乗り込む。
天気もよく、写真を撮るからには当然アッパーデッキに。

乗り合わせた観光客は勿論外国人だが、珍しく日本人は私だけだった。
私の目の前に座ったのはスウェーデンからの一行夫婦2組。
この方はエンジニアらしく、私のカメラに興味を覚えいろいろ質問された。
エプソンがライカのレンズを使えるカメラ?とピンと来なかったようだ。
e0129750_14255343.jpg

もう一組の夫婦のご夫人。逆光に光るブロンドの髪がきれいだった。
e0129750_14264861.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-06-18 14:50 | 旅行写真 パリ | Comments(12)
Commented by YUKI at 2008-06-18 20:24 x
長さん/drybox さん、こんばんは。
 ちょっとおっかない感じのスエーデンのおじさんの首からさげているカメラ 気になります。
 Parisには二度行ってますが、この遊覧船には乗ったことがありません。
Commented by tullyz2 at 2008-06-18 20:29
いよいよクルーズですね。
昨日から気になっているんですが、ちょっとハレーション気味なのはどうしてなんでしょう。21mmって弱い方なのでしょうか?
Commented by chousan-drybox at 2008-06-18 20:52
YUKIさん、今晩は。
彼のカメラはオリンパスの2020か3030だったと思います。
セーヌのバトームッシュと比べると、下町をのんびりクルーズする感じでよかったですよ。
Commented by chousan-drybox at 2008-06-18 20:56
tullyz2さん、はっきり分かりませんが、今日の分は逆光に向けていますのでまともに影響してますね。
考えられることは、後玉にちょっと傷がある、フードが純正ではなく手作りであること、もともと弱い だと思いますが、よく分かりません。
Commented by Duo-700 at 2008-06-18 21:53
旅は、色んな人との出会いも楽しみですね
風景にも目が行きますが、同じ写真好きがいると盛り上がりますね
言葉が上手にでも話せるようなら、楽しさ倍増ですね、僕はダメですが。
Commented by chousan-drybox at 2008-06-18 22:03
Duo-700さん、2時間半ぐらいの船の旅でしたが、英語圏の人とも地元のフランスの人たちとも違う、はじめての北欧の人との一方はドイツ語のような硬い英語、こちらは単語を並べただけの英語で、ろくな会話はしてないですが、楽しいひとときでした。
Commented by Scottts at 2008-06-19 04:54
上二枚のおじさんやおばさんに当たる日の映えかたが好きです。
逆光もハレーションもその場の雰囲気が生々しくてすごくいいですね。
Commented by yo-scherzo at 2008-06-19 09:33
旅先の出会い、素敵ですね。
カメラも一つのコミュニケーションツールになってくれるんですね。
Commented by chousan-drybox at 2008-06-19 10:21
Scotttsさん、座ったところで決まってしまい、逆光の位置取りになってしまいましたが、はにかんだ感じが出ている気がします。
Commented by chousan-drybox at 2008-06-19 12:22
yo-scherzoさん、観光客同士は結構話になりますが、フランス人はR-D1に外付けファインダーは変な顔をするくらいで、殆ど無視されますね。撮影する方はかえって気が楽です。
Commented by roxanne6 at 2008-06-19 21:29
北欧人種らしいひげもじゃ顔で、陽気そうな顔つきじゃぁないでスカ。
Commented by chousan-drybox at 2008-06-19 22:09
六助さん、北欧人とは初めて話したんですが、向こうからカメラの事を聞いてきました。
人懐こい、バイキングに出てきそうな愉快なおじさんでしたよ。


<< サン・マルタン運河(7)      サン・マルタン運河(5) >>