M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 01日 ( 1 )


2017年 10月 01日

乳母日傘(おんばひがさ)

8月に奈良岡朋子の朗読劇を鑑賞した。
87才の彼女がライフワークとしている 井伏鱒二の「黒い雨」。
静かにしかししっかりした足取りで登場した彼女は、よどみない張りのある声で1時間15分近くを読みきった。
e0129750_23115498.jpg
何故「黒い雨」。彼女は1983年の同名のNテレドラマに出演している。
その影響もあるだろう。
しかし、彼女の書いたある文を読むと、何か理解できた。
彼女のおじさんは戦色の濃くなった時期に特高(特別高等警察)に捕まり、ひどい拷問を受け、危篤の状態で釈放された。その時生まれたばかりの娘を抱いた妻と会えたのだそうだ。彼女はそのような体験と現在の戦争法や共謀罪といった情勢を、戦前の治安維持法と似た状態と受け止めている。
戦争は一度始まり、原爆は落ちてしまえば沢山の人が死に、苦しむ。
井伏鱒二は、どうしようもない現実の悲劇を淡々と描いた。
彼女にはできるだけ長く、元気にライフワークを続けてほしい。

乳母日傘:彼女が文中に引用した言葉、戦争を起こす人たちが、(乳母をつけ外出には日傘をさして過保護に育てられ)庶民の暮らしを破壊してしまったと。



[PR]

by chousan-drybox | 2017-10-01 23:15 | その他 | Comments(0)