カテゴリ:未分類( 10 )


2016年 08月 25日

楽しい Leica Q(2)

切り出しなし 28mm
e0129750_20501817.jpg

切り出し 35mm
e0129750_2050514.jpg

切り出し 50mm
e0129750_20514979.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2016-08-25 20:55 | Comments(4)
2012年 10月 28日

Gプラナー改と調布へ

e0129750_16205027.jpg

e0129750_16211681.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2012-10-28 16:22 | Comments(0)
2012年 09月 12日

晩夏の花

e0129750_13195761.jpg

e0129750_13203873.jpg
e0129750_13204625.jpg

Dual range summicron 50mm
[PR]

by chousan-drybox | 2012-09-12 13:21 | Comments(0)
2011年 03月 30日

被爆事故とハイパーレスキュー隊

e0129750_11504162.jpg

海外からも賞賛される原発の作業者。
しかし被爆事故が起きてしまった。幸い全員退院し大事に至らなかった。
この事故は作業者3人全員が被爆してしまったが、私の経験から管理体制が異常ではないかと考える。
1週間前から高濃度に汚染されていると認識していた東電は、その事実を知らせず、放射能漏れを起こしている建屋の中に短靴で作業させている。作業者の生死など完全に無視している。

警報が鳴ったが故障と思い続行した...... 疑うことは必要だがまずいったん待避し、別の計器で確認してから再開する事が基本である。線量を専門に監視する者、作業者の健康状態や交代時期・外部との連絡等全体を管理する者をきちっと配置しないと重大事故が発生する。事実発生してしまった。このままでは今後の可能性も否定できない。

週刊ポスト最新号に東京消防庁のハイパーレスキュウ隊隊長の記事がのっている。
まさに上記の管理体制を厳格に守り、無事全員作業を完遂した。
放射能事故・慣れない環境、緊急事態だからこそ原則を守らなければならない教訓である。

作業員は全員関連会社、孫請けか渡り職人か分からないが、強制的な事がないことを祈る。

追記:共同通信の取材で、やはり作業者は孫請けで線量の管理者がいなかった事が分かった。
   絵に描いたような労働災害、いやそれどころかこれは凶悪な犯罪ではないか。
[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-30 11:52 | Comments(4)
2009年 03月 25日

久しぶりの銀塩

久しぶりのフィルムカメラ、ハッセルブラッドSWC/M。
穂夏さん、andoodesignさん、scotttsさんなどのブログの影響で、カメラ一族の一員が増えた。
まだ120一本しか撮っていないが、キャップやひきブタの取り忘れを何回もしてしまった。
シャッターのストロークがまだ慣れないし、ホールドが甘いようだ。
道具箱の中を探し回って、セコニックのL-188を探し出した。露出計などもう使うとは思っても見なかった。
巷で評判のコシナのアングルファインダーはよく見える。これのストレートがあっても良いかなと思ってしまう。

ハッセルとローライのムックで見た渡部さとる氏のNYCの写真が心の奥に眠っていたが、おきてしまった。
e0129750_23515012.jpg

e0129750_026073.jpg

Hasselblad SWC/M biogon38mm/4.5 400TX
[PR]

by chousan-drybox | 2009-03-25 00:08 | Comments(16)
2009年 02月 01日

久しぶりのスキャナー

2眼レフのローライに凝り、プラナーとクセノタール、2.8と3.5あわせて4台集める気でいたこ
ろ、祖師谷大塚から烏山まで真夏に歩いたときの思い出。
古いカメラ、逆光ではフワーッとするが、久しぶりの6X6は楽しい。
e0129750_1748354.jpg
e0129750_17484933.jpg
e0129750_1749470.jpg

ROLLEIFLEX 2.8C planar80mm 400TX
[PR]

by chousan-drybox | 2009-02-01 17:57 | Comments(10)
2009年 01月 13日

南新宿あたり(5)

小田急南新宿の駅近く。
e0129750_23102595.jpg
e0129750_23103983.jpg

G-Biogon 28mm/2.8 MS改
[PR]

by chousan-drybox | 2009-01-13 23:13 | Comments(4)
2008年 06月 03日

柳橋辺り(6)

今年1月の蔵出し。
柳橋から浅草橋に向かい狭い道を通って見つけた光。
正月の混雑が去り、おみくじが鈍い朱色をバックに、昼下がりの日に白く輝いていた。
e0129750_22265958.jpg

あるコーヒーやさんの前にたたずむ鉄材の溶接造形。
e0129750_22273143.jpg

summicron35mm/2.0 眼鏡 フード忘れ。
[PR]

by chousan-drybox | 2008-06-03 22:44 | Comments(2)
2008年 05月 08日

生田緑地の子供たち(5)

岡本太郎美術館近くの池で何を釣っているのだろうか。親子で一生懸命だった。
この池は少し前まで工事の関係か汚れていた。区の写真コンクールの時区長にお会いして善処をお願いしたが、大分改善されていた。
e0129750_22425476.jpg

スケートで遊ぶ少年。
木立に囲まれたちょっとした広場は格好の遊び場だ。
e0129750_22431095.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-08 22:53 | Comments(4)
2008年 04月 12日

勝鬨橋にて

04年蔵出し。ローライ2.8Cプラナー。フィルムは多分トライX。
この時期はローライにこっていて、この後3.5Eも手に入れた。これもプラナーつき。
本などではクセノタールとの違いはあまり無いとあったが、ズミクロンやエルマリートの世代による違いと同様、2.8と3.5のクセノタールを真剣に検討したものだ。2.8Cは絞りが円形で気に入っていた。

勝鬨橋のたもとにある公園でベンチに座っていた親子に撮らせてもらった。お父さんのいかにも可愛いというしぐさが懐かしい。
e0129750_039121.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-04-12 00:49 | Comments(6)