カテゴリ:東京( 309 )


2008年 03月 08日

芝神明界隈

御成門際の図書館ちかくには増上寺や芝神明など時代劇好きにとっては馴染みの所が多い。芝界隈だがホテルやレストランも結構あり、浜松町に近づくにしたがって焼き鳥屋やラーメン屋が増えていく。
しばらく前から佐伯泰英の小説にはまり芝神明が出てくると江戸時代はどんなだったかいろいろ想像してしまう。そんな歴史のある芝、あるレストランの入り口のランプ、夜はまた別の雰囲気がありそうだ。
e0129750_0455798.jpg


パークホテル向かいのビル、入り口が黒の塀にワンポイントの赤が印象的だ。
e0129750_047547.jpg

スクリュウマウントのズマロンサンハンを手に入れ、第一印象は評判どおりのヌメットさだろうか。小さくて旅行には良さそうだ。絞りを変えるときに少し厄介だが、苦痛でもない。


summaron35mm3.5 L-mount
[PR]

by chousan-drybox | 2008-03-08 01:15 | 東京 | Comments(6)
2008年 03月 03日

西銀座(3)

ビデオの整理をしていたら新日本紀行の中に面白いものがあった。
銀座の伝統的な店を作家のいのうえひさしが紹介する内容だったが、その中で彼が述べていることが興味深かった。
彼によれば、最近銀座の歩き方が以前と変わったというのだ。と言って紹介したのは西銀座の路地だった。この辺は昔と道割りが殆ど変わっていない・そのわけはビルに立替がどんどん進みそうになった時、旦那衆が路地を残すよう交渉し残したそうだ。そして入っていったのがこの写真のところだった。WATER TOWERというビルだったと思うが一階部分が2つの道路をつなぐまさに路地だった。
e0129750_0161184.jpg


昼でも暗いが土地の人はどんどん通り抜けていく。そういえばこの周りはビルとビルの隙間に路地が本当に多い。銀座の他の場所はどうなのか気になってくる。
e0129750_0165342.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-03-03 00:32 | 東京 | Comments(0)
2008年 02月 26日

参宮橋

小田急沿線に住んでいながら降りたことの無い駅が結構ある。
写真グループの飲み会で初めて参宮橋に降りた。新宿から2つ目・都心とは思えないこじんまりした商店街。
時間があったので少しうろつく。路地の奥、行き当たりに見えた明かりに引き込まれた。新宿の高層ビルを背景に雰囲気のあるギャラリーを一枚。
ズミルクスとはいかないが、電燈に滲みが出ている。この個体だけかもしれないが。

飲み会は、お酒や多目の突き出しが美味しく、初めてお会いしたイチロウさんのお話も面白かった。最後のレンズは何を残す?とかレアなバルナック用フィルムカッターとスケールなど、いつもの通り時間が過ぎるのが遅く感じる楽しい一夜だった。
e0129750_12284930.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-02-26 12:53 | 東京 | Comments(6)
2008年 02月 25日

西銀座(2)

今日は写真グループの飲み会で夜更新できないと思われるので早めに更新。

西銀座のビルの隙間にも細い路地があり、表の喧騒とは違う世界がある。この時間は仕込みの準備ごろなので、夜はまた別の世界。これだけ見れば銀座じゃなく○○横丁と言われても分からないだろう。
e0129750_12572558.jpg



elmarit24mmは鮮鋭な作例が多いが、明るくないところは少しウェットさを感じる絵になる。勿論私の個体の話だが。
同じ広角の非球面はどうなるか興味が出てくる。パリで多用した28mmは少しそんな感じがしないでもないが、基本的には暗いところでの印象は鮮鋭に近い。こんなことを考えているとそれぞれの世代別比較まで落ち込みそうだ。
e0129750_1257446.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-02-25 13:15 | 東京 | Comments(8)
2008年 02月 24日

西銀座

elmarit24mm ASPHはまだよく分からないレンズだが、エイムックなどの色濃いものの作例を参考にした習作。bit code化していないので少し色がずれているかもしれない。
色の濃さはライカのレンズの中でも出ると思うが、ツアイスのコッテリとしたのとは違う。
e0129750_23234470.jpg



西銀座から歩いてきて新橋銀座口前のガード下から。同じelmarit28mmASPHより鮮鋭のように感じる。21mm球面より重いのが惜しい。
e0129750_23242235.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-02-24 23:51 | 東京 | Comments(0)
2008年 02月 24日

成城学園前駅あたり

駅前の商店街、階段の植物に目が留まった。
ズミルクスは開ければふんわりするけれど絞れば大変繊細にしっかりと写し出す。
e0129750_15901.jpg



日本のマックは独特なのだろうか。ドイツではビールがメニューにあってびっくりしたし、最近行ったパリではバリューセットなど無かったと思う。
e0129750_1594590.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-02-24 02:09 | 東京 | Comments(2)
2008年 02月 22日

芝増上寺

港区の図書館へ行く途中に増上寺に寄ってみた。
レンズは換算で約32mmのelmarit24mmASPH。ちょっと重いので出番が少ないが、濃厚な色と鮮鋭なレンズとの評価だがまだ私は使いこなせていない。
むしろ少し暗いところでのウェットな感じがあるような気がしている。
後には東京タワー。最近の映画のタイトルや第2タワーのニュースが話題になっている。
e0129750_216921.jpg



パリのエッフェル塔は「鉄の刺繍」そのままだが、比べると東京タワーは無骨な製造物にも感じる。しかし増上寺やプリンスホテルの背景に見ると、やはり東京のシンボルだ。
e0129750_2165756.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-02-22 21:24 | 東京 | Comments(4)
2008年 02月 15日

銀座(1)

summar 50mm F2.0のレンズテスト。
柔らかなレンズと聞いていたが絞ったせいかくっきりで些か驚く。
曇りはなく少し拭き跡が見える。古いレンズでも絞れば現代的になるのか。
フードなし、uv/irなし

日比谷映画街ビル、時計のからくりオルゴール。(Ginza Hibiya)
e0129750_21472431.jpg



e0129750_2148439.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-02-15 22:00 | 東京 | Comments(4)
2008年 02月 06日

新宿思い出横丁(1)

新宿東口を出てガードをくぐると、昔ながらの焼き鳥やモツ鍋の小さな飲み屋が並ぶ思い出横丁がある。
数十年前まではどこの駅のガード下あたりにも、うす汚れた同じような横丁があったがずいぶん減ってしまった。白熱灯だけの4,5席くらいしかない、でも何だか妙にゆったりするところだ。
e0129750_16403971.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-02-06 17:00 | 東京 | Comments(6)