M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 31日

柳橋辺り(3)

蔵出し。
回向院の中には鼠小僧次郎吉の墓があるんですね。
墓の前にある白いものは、受験生が縁起を担いで削って行くのでこういう形になってしまうようです。
e0129750_22162595.jpg

動物の慰霊塔の近くにいた猫。眠いのに起こされ機嫌が悪い。
e0129750_22165243.jpg

後ろが大きな動物の慰霊塔。これを見ると、犬や猫が人間の家族として生きたことを再確認させられる。
e0129750_22173074.jpg

summicron35mm/2.0 眼鏡、フード忘れ。
[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-31 22:29 | 東京 | Comments(10)
2008年 05月 30日

柳橋辺り(2)

蔵出しから。
柳橋へは両国駅から回向院をまわっていったが、回向院も見所が多かった。
回向院は振袖火事のとき無縁仏をまつる無宗派のお寺として建てられたそうだが、人だけでなく犬や猫もまつっている。
入ってすぐ左手に大きな塚があった。「力塚」と書かれまわりに有名な歴代横綱の名が刻まれていた。
両国の向こう側に国技館があり、近くの道路には力士の手形が残されている。
江戸の勧進相撲を初めて回向院で行われ、旧国技館が出来るまでの76年間、相撲は回向院で行われた。
e0129750_22133838.jpg

横綱の銘だけでない名もあったが、後で調べると横綱ではなく年寄りを慰霊する碑だそうだ。
双葉山が関脇の時代1936年のようだ。
e0129750_221496.jpg

summicron35mm/2.0 眼鏡、フードを忘れた。
[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-30 22:33 | 東京 | Comments(4)
2008年 05月 29日

柳橋辺り

蔵出し、今年一月浅草橋付近を徘徊した。

柳橋辺りをうろついていたら目にした昼の飲み屋。
e0129750_2151694.jpg

昼下がりの通りはいずこものんびりしている。
e0129750_2175373.jpg

summicron35mm/2.0 眼鏡 フードを忘れてしまった
[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-29 21:14 | 東京 | Comments(12)
2008年 05月 29日

M8でM-rokkor40mm(3)

逆光は弱そうだ。
安く売っているラバーフードのせいではないと思う。
なんでもない写真だが特徴は出ていると思う。
e0129750_0364719.jpg

五重塔の1階部分、ピントは分かりにくいが、柱の金属装飾あたり。
40mmは意外なほど安い値段で売られていると思うが、小さくて明るくて、使いやすい。
e0129750_0384620.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-29 00:52 | 東京 | Comments(6)
2008年 05月 27日

M8でM-rokkor40mm(2)

Mロッコール40mmのテストの続き。
よみうりランドの近くの細山にある5重の塔のお寺、香林寺。
e0129750_22153366.jpg

一部を切り取って見る。端正な花がそれなりにすっきりと。
さすがにM8、R-D1より伸びますね。
e0129750_22154783.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-27 22:27 | 東京 | Comments(10)
2008年 05月 26日

M8でM-rokkor40mm 

M8でM-rokkor40mmを使ってみた。
28mmがフレア気味で少し違和感を感じていたので確認のため。
逆光にはやはり弱いところがあるが、それ以外は癖のないすっきりした写りが特徴と思った。

スミレも白だけ 両方の色と色々ある。
あえて開放ではなく絞り8で。
e0129750_23211524.jpg

uv/ir filter no 6-bit code
[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-26 23:40 | 東京 | Comments(10)
2008年 05月 25日

梅が丘 遊歩道

羽根木公園から駅に帰る途中に遊歩道がある。
雨模様の緑の中、黄色の自転車が濡れていた。
e0129750_22383788.jpg

アンツーカのような道、雨で誰もいない板のベンチ。
e0129750_2239115.jpg

summicron35mm/2.0 眼鏡
[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-25 22:49 | 東京 | Comments(14)
2008年 05月 25日

梅が丘星辰堂(5)

茶席のバックグラウンドには水屋が夫々用意されている。
白熱灯の明かりが和紙を通し器を照らしている。
e0129750_23554068.jpg

ズミルクス50ミリ球面が少し滲みを伴いながら柔らかくとらえた。
e0129750_23564346.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-25 00:02 | 東京 | Comments(12)
2008年 05月 23日

梅が丘星辰堂(4)

星辰堂の大きな茶席に入ると目に入るのは襖に描かれた伸びやかな日本画だ。
右下の名前を見ると 西野新川の作のようだ。ネットで探すと1912年宇部出身 日本画壇の重鎮で世田谷在住だそうだ。
e0129750_2241454.jpg

襖からいまにも飛んでいってしまいそうな鳥(春の絵の一部)
e0129750_2261450.jpg

反対側には秋の図が描かれている。
e0129750_227585.jpg

右側には良く肥えた野うさぎ。いたずら好きな顔つきでこちらを見つめている。(秋の図の一部)
e0129750_2275255.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-23 22:26 | 東京 | Comments(12)
2008年 05月 22日

梅が丘星辰堂(3)

最初に見たのは日月庵の入り口で寝ているところだった。
e0129750_2181368.jpg

星辰堂の茶室や水屋を見学した後出てみると、日月庵の裏口に座り まるで見返り美人を気取っていた。
e0129750_2184322.jpg

やはり別の猫もいた。なにか後をついて来いと言わんばかりの表情だった。
e0129750_219784.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2008-05-22 21:19 | 東京 | Comments(12)