M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 30日

被爆事故とハイパーレスキュー隊

e0129750_11504162.jpg

海外からも賞賛される原発の作業者。
しかし被爆事故が起きてしまった。幸い全員退院し大事に至らなかった。
この事故は作業者3人全員が被爆してしまったが、私の経験から管理体制が異常ではないかと考える。
1週間前から高濃度に汚染されていると認識していた東電は、その事実を知らせず、放射能漏れを起こしている建屋の中に短靴で作業させている。作業者の生死など完全に無視している。

警報が鳴ったが故障と思い続行した...... 疑うことは必要だがまずいったん待避し、別の計器で確認してから再開する事が基本である。線量を専門に監視する者、作業者の健康状態や交代時期・外部との連絡等全体を管理する者をきちっと配置しないと重大事故が発生する。事実発生してしまった。このままでは今後の可能性も否定できない。

週刊ポスト最新号に東京消防庁のハイパーレスキュウ隊隊長の記事がのっている。
まさに上記の管理体制を厳格に守り、無事全員作業を完遂した。
放射能事故・慣れない環境、緊急事態だからこそ原則を守らなければならない教訓である。

作業員は全員関連会社、孫請けか渡り職人か分からないが、強制的な事がないことを祈る。

追記:共同通信の取材で、やはり作業者は孫請けで線量の管理者がいなかった事が分かった。
   絵に描いたような労働災害、いやそれどころかこれは凶悪な犯罪ではないか。
[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-30 11:52 | Comments(4)
2011年 03月 29日

地球が回っている限り春は巡ってくる

e0129750_20505174.jpg
e0129750_20522136.jpg

久しぶりに上谷戸大橋に散歩する。
草木の蕾が膨らみ咲きだした。
この橋の桁の穴に今年も「3番い」の長元坊(小型の鷹)が住みついている。
普通は崖の穴に巣を作るが、最近は都会のビルや橋に巣を作ることもあるそうだ。
橋の近くの家の屋根をじっと観察するカメラおじさんがいるので見ると、長元坊だった。
しばらくして「きぃーきぃーきぃー」と啼くと橋の方から答えがし、飛び立った。
桁の所を見ると雌が巣の周りを動き回っていた。
そのうち雛が生まれると地上に餌を求め舞い降りてくる。

1枚目はelmarit28mm 第2世代、2枚目(かなりトリミングしている)も第2世代のelmar50mm/2.8
28mmは現行の非球面の鮮鋭さと比べると、やはり柔らかさの中に堅実な像を捉えている。
[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-29 21:20 | 東京 | Comments(0)
2011年 03月 28日

貞観地震(869年)

e0129750_1212362.jpg

(共同通信3月27日の記事にやはり女川原発との比較記事があります。http://www.excite.co.jp/News/science/20110327/Kyodo_OT_MN2011032701000430.html)
福島は津波の予測を5.7mとしていたが実際は14m。一方の女川は予測9.1mで敷地を14.8mに設定し津波は敷地の高さと同じ14.8m。
869年、三陸沖で発生したM8.2の貞観地震では仙台平野が海に没した記録があり、福島原発の危険性が指摘されていた。
いまだに想定外を繰り返す副社長には怒りを通り越して恐怖を覚える。
[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-28 12:15 | その他 | Comments(4)
2011年 03月 26日

この国難に一企業の情報に左右される危うさ

ニューズウィーク3月30日号に「想定されていた「フクシマ」の暴走」という特集が組まれている。07年に野党の県議や住民の代表たちが津波による冷却系統の事故を想定し、東電に対策を求めていた。しかし東電はこれ以上対策は必要としないと拒否した。東北電力の女川・中部の浜岡は対策を執っていたという。
震源地に近く津波も高かった女川が何事もなく推移したのに対し、東電の方がなぜ重大事故が起きたのか疑問だったが、これで納得した。
東電とともにこの対策を指導しなかった原子力安全・保安院、長官は元経済産業省の百貨店担当だったし、テレビの額の広い広報官は事務屋さんらしい。
なぜ東海臨界事故のように、原子力安全委員会がイニシアチブを執らないのか?
情報の遅さ、政府が確かめないと応えない、情報操作としか思えない。
e0129750_20375268.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-26 20:35 | その他 | Comments(6)
2011年 03月 23日

どんなに春が明るかろうと

e0129750_1453188.jpg
e0129750_14534818.jpg

原発の近くのムラサキツユクサの花は紫にならないのではないだろうか?
ソメイヨシノも着花率が下がりそうだ。
でもこういう時だからこそ、三春の桜は沢山咲いてほしい。
[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-23 14:59 | 東京 | Comments(4)
2011年 03月 20日

生と死を分けるのは何だろう

地震以来連絡が取れなかった兄弟や親戚の安否が、2日前に全員元気であることが分かり一安心。山を隔てた隣の海沿いの町は壊滅的な打撃を受けたが、震度6で傾いたり倒れたりしたものの怪我もなく「奇跡だねー」と健気な声を聞いた。大勢の死者と行方不明者、生きていることだけで感謝するだけだ。

それにしても石原都知事の「天罰」の発言は、後でどう繕っても許せない。
[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-20 14:30 | その他 | Comments(8)
2011年 03月 10日

椿の花みたいに

指がふれたら ぽつんと落ちてしまった
椿の花みたいに おそらく観念したんだネ

岡本おさみが作詞した吉田拓郎の『花嫁になる君に』の歌。
やんちゃな歌が多い拓郎だが、岡本おさみが作詩した歌は大人という感じで妙にバランスが取れている。
この歌は好きだった彼女が去っていくときの、ぽっかり空いた心もようを椿の花が落ちる様子で表していて印象強かった。
e0129750_21541092.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-10 21:57 | 徘徊散歩 | Comments(4)
2011年 03月 08日

霧の朝

今朝は昨日と比べると暖かく、そのせいか南山はガスっていた。
e0129750_17245654.jpg

e0129750_1725671.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-08 17:30 | 東京 | Comments(4)
2011年 03月 05日

下高井戸あたり(4)

e0129750_22133974.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-05 22:13 | 徘徊散歩 | Comments(10)
2011年 03月 03日

下高井戸あたり(3)

e0129750_23215280.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-03-03 23:22 | 徘徊散歩 | Comments(2)