<   2011年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

6月のパリ2006(7)

このくらいのヨーキーを飼っていたので、ついついレンズを向ける。
パリは犬を散歩させる人が多かったが、大のものが結構残っていて踏んでしまうことがあった。
e0129750_2214188.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-31 22:18 | 旅行写真 パリ | Comments(6)
2011年 05月 30日

6月のパリ2006(6)

パリ16区、トロカデロ付近の歩道で、格好良く自転車に乗っていたが、つまずいて泣き出してしまった。父親に何か言われけろっとして去っていった。
e0129750_19325086.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-30 19:37 | 旅行写真 パリ | Comments(4)
2011年 05月 29日

6月のパリ2006(5)

昨日は珍しくテレビでライカの話が、それも同時間帯であった。「嵐にしやがれ」とライカのブランド戦略の紹介番組。「嵐...」では堤真一がウェツラーの工場で感激してM7を購入してしまったとか、懐かしい富士の簡易フィルム現像器でその場で撮ったフィルムを現像し、焼き付けまでやるという大変趣味性の高い番組だった。ブランド紹介の方はライツとのタイアップと思われるが、こちらもメインがM7で、後はウルライカやM9だった。
またウィーンではバルナックの試作品が1億5千万で落札されたとか、久しぶりのライカの報道だった。

06年6月、モンパルナスからメトロで1つ駅のゲーテ駅にほど近い「HCB財団」の常設展示場。
美術館のミュゼパスが使えないが、あこがれのブレッソンの生プリントを観てきた。
彼の使ったバルナックカメラ、型番は私には分からないが、数々の作品を世に送ったカメラにしばらくその場を動けなかった。
e0129750_14482421.jpg
e0129750_14484071.jpg
e0129750_1449747.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-29 15:06 | 旅行写真 パリ | Comments(10)
2011年 05月 28日

6月のパリ2006(4)

e0129750_8301411.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-28 08:30 | 旅行写真 パリ | Comments(4)
2011年 05月 27日

6月のパリ2006(3)

e0129750_9433520.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-27 09:44 | 旅行写真 パリ | Comments(6)
2011年 05月 25日

6月のパリ2006(2)

e0129750_236079.jpg

Olympus E-1
[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-25 23:06 | 旅行写真 パリ | Comments(6)
2011年 05月 24日

6月のパリ2006(1)

e0129750_21553761.jpg

Olympus E-1

2階建てのバスでパリ市内を回っていたとき、市庁舎の前に行列が出来ていた。
芝居か映画でもやっているのかなとそのときは思ったが、アップするために調べてみるとそれはとても有名な写真家の展覧会だった。
Willy ronis、 1951年ニューヨーク近代美術館で行われた「5人のフランスの写真家(Five French Photographers)」展で、イジス、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ブラッサイ、ロベール・ドアノーとともにウィリー・ロニの名が並んでいる。
知っていれば途中で降りても見ておくべき記念すべき写真展だったようだ。
昨年彼の生誕100年記念の写真展が京都でも行われたそうだ。
ネット上に見る彼のローライフレックスで撮られた写真は、天才的なブレッソン・職人的なドアノーとも違う。
かえす返すも残念なことをした。
[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-24 22:18 | 旅行写真 パリ | Comments(6)
2011年 05月 23日

パリの宮沢賢治

e0129750_21163116.jpg

Olympus E-1

先日テレビを観ていたら、オペラ座で日本の復興を願う催しがあり、舞踊や室内楽・俳句や
朗読などのパフォーマンスが行われた。
特に印象に残ったのが、フランス語(当然だが)による「雨ニモマケズ」の朗読だった。
どのように訳されているかと思い、ネットで調べると、訳文が見つかった。
冒頭を引用すると

Ne pas céder face à la pluie
Ne pas céder face à la  au vent
*追記:やはり見直したら写し間違っていた。
  Ne pas céder 負けない                 風は男性名詞 
  face à... に向いて、に直面して 
  la pluie 雨 la le vent 風

全文はよく理解できないが詩の韻を忠実に訳しているように思えた。
特に詩の中に3回出てくる「行ッテ」は y aller (y:すでに話題になった場所、aller:行く)
と訳され、フレーズの頭に置かれ賢治の気持ちが良く表れている。
この詩は賢治の亡くなる数年前に書かれているが、病床にあった彼の飢饉に苦しむ東北の
農民への強い意志が感じられ、現在の東北の悲惨な状態にそのまま重なる。
[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-23 21:49 | 旅行写真 パリ | Comments(6)
2011年 05月 23日

京都 10年前の4月(7)

黒谷あたりの古い蔵。
e0129750_0171128.jpg

たぶん三条の橋で。
e0129750_0171897.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-23 00:19 | 旅行写真 京都 | Comments(2)
2011年 05月 21日

京都 10年前の4月(6)

e0129750_2218377.jpg
e0129750_22185420.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2011-05-21 22:21 | 旅行写真 京都 | Comments(2)