M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 11日

日本民家園(3)

民家園の合掌造りの旧家で使われていた臼。
e0129750_223833100.jpg


囲炉裏に使われる薪と干した雑巾。懐かしい風景だ。
e0129750_22392876.jpg

[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-11 22:46 | 生田緑地 | Comments(4)
2008年 03月 10日

日本民家園(2)

日本民家園の入り口を入ると目にする高い石垣の家。
e0129750_21275483.jpg


七草峠から民家園を見る。このレンズで白黒を撮ると何か懐かしい感じがする。
e0129750_21291065.jpg

[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-10 21:48 | 生田緑地 | Comments(4)
2008年 03月 10日

日本民家園(1)

生田緑地にある日本民家園。25軒位の古家の中に北陸の合掌造りが数軒ある。
e0129750_065591.jpg


そのうちの一軒に蕎麦屋があり、その前は休憩所になっている。
e0129750_074295.jpg

このレンズはいわゆる眼鏡つきで、コンディションは眼鏡に曇りがありあまり綺麗ではない。しかし写りは手持ちのレンズ中一番しっかりしていると思う。大げさではなく私のリファレンス、つまり判断の基準にしている。眼鏡つきなので8枚玉のはず。以降の6枚、7枚とASPHが気になるがこれだけ写れば心も少しは休まる。
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-10 00:29 | 生田緑地 | Comments(2)
2008年 03月 09日

芝神明界隈(2)

歌舞伎の演目にある「め組の喧嘩」、この芝神明・芝大神宮で行われていた大相撲の力士達とめ組の喧嘩を題材にした実話だそうである。鳥居からすぐ登る階段の上にある狛犬の台座にそのめ組の文字があった。私にとっては佐伯泰英の「密命」シリーズに登場する火消したちの姿の方が身近に感ずる。
e0129750_0534613.jpg


天気がよければもっと艶っぽく撮れたと思う。境内にて。
e0129750_0551088.jpg

summaron35mm3.5 L-mount
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-09 01:16 | 東京 | Comments(2)
2008年 03月 08日

芝神明界隈

御成門際の図書館ちかくには増上寺や芝神明など時代劇好きにとっては馴染みの所が多い。芝界隈だがホテルやレストランも結構あり、浜松町に近づくにしたがって焼き鳥屋やラーメン屋が増えていく。
しばらく前から佐伯泰英の小説にはまり芝神明が出てくると江戸時代はどんなだったかいろいろ想像してしまう。そんな歴史のある芝、あるレストランの入り口のランプ、夜はまた別の雰囲気がありそうだ。
e0129750_0455798.jpg


パークホテル向かいのビル、入り口が黒の塀にワンポイントの赤が印象的だ。
e0129750_047547.jpg

スクリュウマウントのズマロンサンハンを手に入れ、第一印象は評判どおりのヌメットさだろうか。小さくて旅行には良さそうだ。絞りを変えるときに少し厄介だが、苦痛でもない。


summaron35mm3.5 L-mount
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-08 01:15 | 東京 | Comments(6)