「ほっ」と。キャンペーン
2008年 02月 07日

生田緑地(1)

川崎市北部の丘陵地帯にある生田緑地。子供のためのプラネタリュームや蒸気機関車、全国の旧家を集めた日本民家園、ゴルフ場や岡本太郎美術館などが設けられ、市民の憩いの場所となっている。
岡本太郎美術館の屋外にある巨大な塔。万博の会場のシンボルとなった太陽の塔の連作と思われる。
e0129750_1911548.jpg



美術館の敷地内にあるカフェテラスに、毛並みのきれいな犬をつれたご夫婦が居られたので撮らせていただいた。ご主人は犬たちにポーズをとらせようとしたが、ご機嫌が悪かったようだ。が、かえって動きのある絵が撮れた。
e0129750_1922217.jpg

このレンズはCONTAX-TについていたSONNAR 38mm/2.8 T*をMS OPTICALの宮崎さんがMマウントに改造されたもので、彼の改造初期の作品らしい。
T T2 TVS T3と進化し、いつか欲しいと思っているうちライカにシフトしてしまって、とうとう買いそびれていた。昨年暮れにヤフオクから手ごろな値段で入手。時々ピントが合わない気がして宮崎さんのところで調整していただいた。そのお話はまたの機会として、当時のカタログで受けた印象どおりの色のり濃厚な写りで、R-D1がまるでCONTAX-T DIGITALとなってしまった感じだ。まだUV/IRフィルターのセットアップが思いつかないので、当分R-D1専用になる。
デジタルのライカマウントで思いもかけないレンズが使える、アーやめられない。
sonnar38mm/2.8 CONTAX-T レンズ MS改
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-02-07 19:25 | 生田緑地 | Comments(2)
2008年 02月 06日

新宿思い出横丁(1)

新宿東口を出てガードをくぐると、昔ながらの焼き鳥やモツ鍋の小さな飲み屋が並ぶ思い出横丁がある。
数十年前まではどこの駅のガード下あたりにも、うす汚れた同じような横丁があったがずいぶん減ってしまった。白熱灯だけの4,5席くらいしかない、でも何だか妙にゆったりするところだ。
e0129750_16403971.jpg

[PR]

# by chousan-drybox | 2008-02-06 17:00 | 東京 | Comments(6)
2008年 02月 05日

京都嵯峨野07(1)

少し疲れたときに訪ねた京都に、心を癒されて以来京都が大好きになった。
去年の紅葉時期は全国的にいつもの年より遅れ、赤や黄色の鮮やかさが少なかったようだ。聞くところによると、京都のお寺では色づきが良い様に水撒きをするらしい。それでも天候や気温には敵わないようだ。これも温暖化の影響だろうか。

京都の嵯峨野の陶器やさん、紅葉と柿、狸の組み合わせが面白い。
e0129750_2061366.jpg



竹やぶを過ぎると一際明るい野宮神社、いつ行っても若い女性がいる。黒の鳥居が歴史を物語り、彼女たちの元気な声で現実に引き戻される。
e0129750_2075715.jpg

elmarit28mm/2.8 ASPH
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-02-05 20:42 | 旅行写真 京都 | Comments(4)
2008年 02月 03日

ノエルのパリ07(1)

パリ11区、オーベルカンフ近くの小さな広場。
e0129750_227548.jpg

ここはバスチーユとレピュブリックの中間に位置し、メトロの2本の駅が近いので、ホテルから点在する北・東・リヨンなどの国鉄駅やオペラなどへのアクセスがしやすい所でした。
elmarit28mm/2.8 ASPH
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-02-03 22:20 | 旅行写真 パリ | Comments(8)
2008年 02月 03日

BLOGをはじめました。冬のモレ・シュル・ロワン(1)

印象派らしい画風を最後まで貫いたアルフレッド・シスレーの終焉の地、モレ・シュル・ロワン。シスレーの残した絵と同じようなとても地味で、セーヌ川の支流ロワン川沿いの小さな町。
e0129750_4161579.jpg

一昨年定年を迎えた年に一度訪れ、魅了されてしまい昨年12月に再訪した。同行した妻も「絵描きなら堪らない所」と感想を述べていた。

撮影した場所はそのロワン川に掛かる橋の中央にある水車小屋のたもとから。見づらいが水車小屋の壁の大きな"S"のマークは、シスレーポイントというシスレーが好んで描いた場所の目印。橋の手前にある観光案内所でもらった地図には町のいたる所にそのマークがつけられていた。

前回は9月の雨の日だったが、冬のモレ・シュル・ロワンは、森の緑が少なく更に人が少なかった。気候の良い時期には川でボート遊びをする人や、キャンプなど賑やかだそうだ。

橋の上からこの景色を見ていると聞こえてくるのは水の音だけ、実に静かだ。

出来ることなら四季折々のモレ・シュル・ロワンを撮ってみたい。
(Moret sur Loing)
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-02-03 02:38 | 旅行写真 パリ | Comments(29)