M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 09日

芝神明界隈(2)

歌舞伎の演目にある「め組の喧嘩」、この芝神明・芝大神宮で行われていた大相撲の力士達とめ組の喧嘩を題材にした実話だそうである。鳥居からすぐ登る階段の上にある狛犬の台座にそのめ組の文字があった。私にとっては佐伯泰英の「密命」シリーズに登場する火消したちの姿の方が身近に感ずる。
e0129750_0534613.jpg


天気がよければもっと艶っぽく撮れたと思う。境内にて。
e0129750_0551088.jpg

summaron35mm3.5 L-mount
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-09 01:16 | 東京 | Comments(2)
2008年 03月 08日

芝神明界隈

御成門際の図書館ちかくには増上寺や芝神明など時代劇好きにとっては馴染みの所が多い。芝界隈だがホテルやレストランも結構あり、浜松町に近づくにしたがって焼き鳥屋やラーメン屋が増えていく。
しばらく前から佐伯泰英の小説にはまり芝神明が出てくると江戸時代はどんなだったかいろいろ想像してしまう。そんな歴史のある芝、あるレストランの入り口のランプ、夜はまた別の雰囲気がありそうだ。
e0129750_0455798.jpg


パークホテル向かいのビル、入り口が黒の塀にワンポイントの赤が印象的だ。
e0129750_047547.jpg

スクリュウマウントのズマロンサンハンを手に入れ、第一印象は評判どおりのヌメットさだろうか。小さくて旅行には良さそうだ。絞りを変えるときに少し厄介だが、苦痛でもない。


summaron35mm3.5 L-mount
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-08 01:15 | 東京 | Comments(6)
2008年 03月 07日

生田緑地の子供たち(2)

広場や用水などで写真を撮っていると、数は少ないけれど今の子供たちが川遊びしたり木登りするのを見、ゲームや受験勉強だけの子供たちではないなと少し安心する。
e0129750_0274468.jpg


蒸気機関車が健在のころ乗っていた時は煙いとか窓から顔を出すと煤けるなど、あまりいい思いではない。、でものぼり坂になると蒸気の間隔が長くなり、上りきるとやっと息をつけたように軽やかな感じになるなど、何か人間臭い思い出が残っている。
e0129750_030298.jpg

[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-07 00:52 | 生田緑地 | Comments(2)
2008年 03月 06日

生田緑地の子供たち

生田緑地には美術館・ゴルフ場と日本民家園の他に、子供のための科学館、プラネタリウムやD51と客車がある。見ていると子供も大人も古い乗り物が好きなのが分かる。
e0129750_0304171.jpg



川崎という大気汚染の代名詞のように言われたところに、このような自然が残されているのがとても有難いと思う。
e0129750_0312045.jpg

sonnar38mm/2.8 CONTAX-T レンズ MS改
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-06 00:51 | 生田緑地 | Comments(4)
2008年 03月 04日

京都 東福寺

季節外れの紅葉写真。
テレビで紹介していたので東福寺に行った。が、駅からすでに沢山の人出。入り口の谷を渡る橋で身動きできなくなり断念。ガードマンの人たちも必死の形相。テレビの影響はすごい。
e0129750_2110585.jpg


橋の人垣の隙間からやっと紅葉を見る。
e0129750_21104613.jpg

elmarit28mm/2.8 ASPH
[PR]

# by chousan-drybox | 2008-03-04 21:17 | 旅行写真 京都 | Comments(0)