M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ

タグ:leica-x1 ( 72 ) タグの人気記事


2017年 01月 17日

浅草

墨田七福神ともう一つの目的、ハヤタカメララボ。
フィルム機材を遅まきながらおおかた処分し、前から考えていた大好きなコニカヘキサーのレンズを
宮崎さんの改造をしてもらうことにした。
宮崎さんは今新しいレンズを設計製造中で、Gレンズ以外の改造を断っていた。
やっと新年早々受け入れることになったので初日に依頼した。
が、忙しいので2月になりますよということで楽しみに待つことにする。
e0129750_21512159.jpg
e0129750_21513954.jpg
e0129750_21515554.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2017-01-17 21:59 | 東京 | Comments(0)
2017年 01月 16日

墨田七福神(6)

七福神の最後は三囲神社。
ここは大国様と恵比寿様を一カ所で巡れる神社。
沢山の鳥居と三越デパートにあると同じライオンが鎮座していた。
e0129750_22481496.jpg

e0129750_15222778.jpg

e0129750_1523942.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2017-01-16 15:28 | 東京 | Comments(0)
2017年 01月 15日

墨田七福神(5)

七福神ガイドに出ていた、江戸そば「すずめのお宿」
のんびりした雰囲気でゆっくり食事できる。
すき焼きそばを頂く。家族はざるそばに小丼のセット。
醤油味とみそのたれの2つのつゆと腰のあるそばが美味しかった。
e0129750_1357546.jpg
e0129750_13572968.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2017-01-15 14:02 | 東京 | Comments(0)
2017年 01月 13日

墨田七福神(4)

e0129750_17552038.jpg
e0129750_17553822.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2017-01-13 17:56 | 東京 | Comments(0)
2017年 01月 11日

墨田七福神(3)

長命寺というと、在職中にこの寺の近くに住む後輩に山本屋の桜餅を買ってきてもらい、休憩時にみんなで食べた思い出がある。
ふつうの桜餅と異なり、もちが白く酢に漬けた桜の葉を三枚つかった独特の味。
この日も購って美味しく頂く。
一枚目、右奥に木の実ななさんの名前が。
e0129750_0595242.jpg
e0129750_101227.jpg
e0129750_103018.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2017-01-11 01:07 | 東京 | Comments(0)
2017年 01月 08日

墨田七福神(2)

e0129750_225852100.jpg
e0129750_2303146.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2017-01-08 23:01 | 東京 | Comments(0)
2017年 01月 07日

墨田七福神

鐘ヶ淵から多聞寺へ。
こちらは毘沙門天。
e0129750_11244326.jpg

境内には東京大空襲で焼けた浅草国際劇場の鉄骨。
e0129750_11253019.jpg

映画人の碑があり、ざっと見たところ、榎本健一、薄田研二、独立プロで活躍した家城巳代治や山本薩夫などの名が。
e0129750_11255140.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2017-01-07 11:34 | 東京 | Comments(0)
2016年 11月 07日

Leica X1 in 前橋

e0129750_168393.jpg
e0129750_1663659.jpg
e0129750_169539.jpg
e0129750_16113977.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2016-11-07 16:06 | 徘徊散歩 | Comments(0)
2016年 10月 14日

ロジェストヴェンスキー

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー ロシアの指揮者。
先日来日して、ショスタコーヴィチの10番やチャイコフスキーの3大バレーを振っていた。
80半ばと思うが、まだまだ元気で振っているので驚き。
55年前ころ、ビクターの赤いレコード面の「悲愴」を良く聴いていた。
田舎なのでパーツを集めるのに苦労したが、5極管シングルアンプを組んでハムまじりだが、音楽自体には集中して聴いていたと思う。
大変懐かしい。
リハーサルを聴いた人によると、手は少し震え年齢的なものを感じたそうだが、本番でもなかなか楽屋から出てこなかったりだったらしい。
しかし終わった後の拍手は長くいつまでも続いたとか。
ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲を弾いたのは彼の若い奥さんらしく、リハーサルの時から気を使っていたそうだ。
e0129750_11591343.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2016-10-14 12:00 | 音楽の事 | Comments(0)
2016年 08月 21日

ルノワール展

まもなく終了ということで、六本木の国立新美術館の「ルノワール展」に出かける。
天候不順で開場直後のせいか待ち時間もなく3回ぐらい回る。
オルセーやオランジュリから100点を超える作品に圧倒される。
「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」、「田舎のダンス」、「都会のダンス」、
「ピアノを弾く少女たち」など堪能した。ピカソやゴッホも数点あり、久しぶりに楽しめた。
e0129750_1554841.jpg

e0129750_1562197.jpg

青山1丁目
e0129750_1564785.jpg

[PR]

by chousan-drybox | 2016-08-21 02:07 | その他 | Comments(2)