人気ブログランキング |

M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 29日

北鎌倉 東慶寺(1)

さだまさしが歌った、縁切り寺・東慶寺。
昔は尼さんの寺だった。
旦那からの三行半に対し、お上さんの方から縁を切るには、ここまで来てかんざしや身のまわりのものを投げ込むことだった。
寺の入り口には役人がいて取調べされ、3年尼の修業後、はれて自由の身になった。
江戸後期の150年だけで2000人を越えたらしいから、すごい数だ。
M8 summicron35mm/2.0 6-element 角つき
e0129750_19122848.jpg

鐘つき堂の棒が尼寺のためか、普通より細いような気がする。
e0129750_19145836.jpg

参道のわきには、花の寺らしく彼岸花や可憐な花が。
R-D1 hektor7.3cn/1.9 直進ヘリコイド 1933年。
こちらの方が少しすっきりしているかもしれない。
e0129750_19165339.jpg
e0129750_1919484.jpg


by chousan-drybox | 2008-09-29 19:28 | 鎌倉 | Comments(10)
Commented by tullyz2 at 2008-09-29 22:35
彼岸花の赤も若干淡い赤ですね。どぎつい赤よりも味があります。
Commented by chousan-drybox at 2008-09-29 22:52
tullyz2さん、ズミクロンはドキュメンタリー風、ヘクトールは叙情風 なのでしょうか。
Commented by scottts at 2008-09-30 03:47
こういう場所は曇りか雨のほうが情緒を高めますね。
昔の風習から、女性から行動を起こすのは本当に大変な勇気だったと
思います。
Commented by fields24 at 2008-09-30 06:11
このクラスの年代のレンズは、年代(世代)よりも個体差が大きいのですよね。
三脚つけて玉だけ交換するテストをリクエストしたいです・・・(爆)
Commented by roxanne6 at 2008-09-30 20:46
東慶寺は長らく足を踏み入れていません、尼寺らしいこじんまりした寛治のお寺だったような気がします。
Commented by chousan-drybox at 2008-09-30 21:58
scotttsさん、空気がしっとりし仏の魂も落ち着くような気がします。
縁切りは北条時宗夫人の開山以来の寺法だそうで、豊臣秀頼の娘が寺に入る時、家康に寺法の許しを得たといいます。
色々な物語があったと思います。
Commented by chousan-drybox at 2008-09-30 22:04
fields24さん、大竹省二さんが所有していたレンズもみんな写りが違ったと言いますから、個体差が多いようですね。
三脚はともかく、これからM8でもテストしなければなりませんので、同じ対象物を絞りを変えながら楽しみたいと思います。
Commented by chousan-drybox at 2008-09-30 22:28
六助さん、細長い奥行きのある谷に、皇女さんや歴代の住職のお墓がひっそり並び、花の寺らしくお花がそこここに育てられてますね。
円覚寺や建長寺と比べると、本当にこじんまりした優しい感じのお寺です。
Commented by yo-scherzo at 2008-10-01 22:08
ご無沙汰してます。
小学校のころ自由研究で鎌倉のお寺をめぐりましたが、ここが一番好きだった記憶があります。
改めて写真で拝見するとしっとりして落ち着いた風情がありますねぇ。
Commented by chousan-drybox at 2008-10-03 14:05
yo-scherzoさん、こちらこそご無沙汰です。
小学生の男の子に、どこが印象強かったのでしょうね。
花の寺だそうですから、別の季節に又行きたいです。


<< 北鎌倉 東慶寺(2)      北鎌倉 円覚寺の初秋(7) >>