人気ブログランキング |

M8とR-D1写真日記

ydrybox.exblog.jp
ブログトップ

タグ:elmarit21mm球面 ( 184 ) タグの人気記事


2019年 09月 29日

現像し直し 高崎 ザ・ジョージアンハウス1997 M8 EL21(5)

e0129750_22145840.jpg
e0129750_22151151.jpg
e0129750_22152532.jpg
e0129750_22153743.jpg
e0129750_22155472.jpg






by chousan-drybox | 2019-09-29 22:16 | 徘徊散歩 | Comments(0)
2019年 09月 28日

現像し直し 高崎 ザ・ジョージアンハウス1997 M8 EL21(4)

e0129750_23275764.jpg
e0129750_23291038.jpg
e0129750_23273347.jpg
e0129750_23270636.jpg







by chousan-drybox | 2019-09-28 23:30 | 徘徊散歩 | Comments(0)
2019年 09月 27日

現像し直し 高崎 ザ・ジョージアンハウス1997 M8 EL21(3)

e0129750_17164795.jpg
e0129750_17170330.jpg
e0129750_17172687.jpg
e0129750_17181636.jpg




by chousan-drybox | 2019-09-27 17:18 | 徘徊散歩 | Comments(0)
2019年 09月 26日

現像し直し 高崎 ザ・ジョージアンハウス1997 M8 EL21(2)

ジョージア州は米国南部、フロリダの北。すぐ思い出されるのが「風と共に去りぬ」。
レイ・チャールズの「わが心のジョージア」も忘れがたい。
e0129750_16511956.jpg
e0129750_16512788.jpg
e0129750_16513643.jpg
e0129750_16515279.jpg





by chousan-drybox | 2019-09-26 16:52 | 徘徊散歩 | Comments(0)
2019年 09月 25日

現像し直し 高崎 ザ・ジョージアンハウス1997 M8 EL21

今まで撮影後はJPGのままだったが、Olympus E-1でのストックをRAWから現像し直してみて、色々可能性を今更感じたので、M8でもやってみた。
R-D1やM8のあと、X-1やLeica Qなど増やしたが、やり直してみるとM8の繊細さや上品な写りを再確認する。
e0129750_10492409.jpg
e0129750_10493386.jpg
e0129750_10494251.jpg
e0129750_10500102.jpg
e0129750_10501691.jpg





by chousan-drybox | 2019-09-25 10:57 | 徘徊散歩 | Comments(0)
2019年 03月 12日

Fujifilm X-E2とオールドレンズ Elmarit 21mm/2.8 2nd(4)

大塚牧場には野生の動物が飼われている。
以前いたイノシシは見かけなかった。
鹿は前より増えたような気がする
下の3枚は21mmで撮ってトリミング。
捕獲され譲ってもらったというハクビシン。ずーっと毛布にくるまっていた。
たぬきのように見えるが穴熊と、たぬき。
たぬきは数年前、若葉台駅の信号を歩いているのを目撃したが、稲城の山にこういう生き物が住んでいると思うと、自然を少しでも残してほしいと思う。
e0129750_12034785.jpg
e0129750_12040912.jpg
e0129750_12041614.jpg
e0129750_12042453.jpg


by chousan-drybox | 2019-03-12 12:13 | X-E2 レンズの試し撮り | Comments(0)
2019年 03月 11日

Fujifilm X-E2とオールドレンズ Elmarit 21mm/2.8 2nd(3)

大塚牧場の裏手の山は紅梅が満開。
e0129750_12295919.jpg
e0129750_12301841.jpg
e0129750_12302761.jpg


by chousan-drybox | 2019-03-11 12:32 | X-E2 レンズの試し撮り | Comments(0)
2019年 03月 10日

Fujifilm X-E2とオールドレンズ Elmarit 21mm/2.8 2nd(2)

大塚牧場は残っていた。親父さんによると、排出物などの処理場を作り、牧場を続けていくそうだ。いま娘さんが東北の酪農場へ留学中で、新宿から30分くらいの所にある牧場、周りの道路や宅地の開発のなか頭が下がる。
e0129750_13445348.jpg
e0129750_13543314.jpg
e0129750_13451191.jpg
e0129750_13452298.jpg



by chousan-drybox | 2019-03-10 14:06 | X-E2 レンズの試し撮り | Comments(0)
2019年 03月 09日

Fujifilm X-E2とオールドレンズ Elmarit 21mm/2.8 2nd

京王線若葉台から小田急線新百合ヶ丘の新しい道と宅地開発の進む小田良地区。
数年前に来たときは、ブルーベリー畑や向井潤吉の絵のような風景が残っていた。
ブルーベリーのシャーベットが季節限定で売られたり、わたしの田舎に似た光景に近くを通るたびに癒やされていた。
e0129750_16235901.jpg
e0129750_16204901.jpg
e0129750_16210928.jpg
e0129750_16214046.jpg



by chousan-drybox | 2019-03-09 16:29 | X-E2 レンズの試し撮り | Comments(0)
2019年 02月 21日

ブラタモリのパリの段差

先週のブラタモリは「華の都 パリ」で、タモリはパリが平坦の印象を持っていたが、実は段差の多い街を確認する。
19世半ばまでは密集し狭い街路と地下水道がなく、トイレはアパートの上から捨てていた。
衛生上も都市の機能上も最悪だったが、オスマンのパリ大改革により、取り壊しと道路拡張により街と道路に段差ができた。

2006年6月の投稿には、
「この道路はまるで川岸に降りていくような階段がある。他でも見かけたが昔は川だったのだろうか、それとも単に高低差の調整なのか?」
とアップしたが今回のブラタモリで疑問が解決した。

2枚めはノートルダム寺院の北側で見かけた段差。
しかしパリにはモンマルトルやモンパルナスの丘もあり、サン・マルタン運河は25mの高低差があったと記憶する。
e0129750_17473364.jpg
e0129750_17480057.jpg


by chousan-drybox | 2019-02-21 18:04 | 旅行写真 パリ | Comments(0)